ズボ連ブログ第2期ライターとしてエントリーしました、
デザイン書道家の赤坂直恵です。

ズボラ主婦歴13年、
ズボラ料理でもこどもたちに好き嫌いなく
食べさせることには自信があります。

ズボラ主婦の集まりがあると伺い、
これは私のことだ!と
ズボ連に参加させていただきました(笑)

活動を通じて私自身も新しいズボラ技を習得し、
ただのズボラじゃない、
ズボかっこいい女性になれたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、4月になりましたね。

4月といえば、入学や進級、就職など
お祝いごとの多いシーズンですよね!

我が家もこの春、長男が小学校1年生になりまして
ありがたいことに
たくさんのお祝いをいただきました。

そんなお祝いを渡すときや
いただいた時のお礼として
ステキな便せんに
手書きで一筆したためられたら…

とてもズボラには見えない、
ステキな気遣いができる大人を
演出できる(笑)と思いませんか?

そこで、本日のテーマは
「ズボラに見えないステキな気遣い!?
一瞬で字がきれいに見えるようになる3つの秘密」

ズボラさんが、ほんの少し意識を変えるだけで
昨日よりもちょっとキレイに書ける
オリジナルの法則をまとめました。

実は「字が下手で・・・」と
いわれる方には共通点が見られます。

その共通点から、キレイに書くためのポイントを
もっとわかりやすく、覚えやすいように
例えられないかな~と思い
意外と言われていないけど、これ重要!
という点に絞っています。

技法はいろいろありますが、
ここでは難しい専門用語は置いておきますので

思い当たるところがありましたら、
ぜひ参考にしてみてください。

 

覚えてほしい3つのポイントはこちら
↓ ↓ ↓

① 好きな子の家の法則
② 跳び箱の法則
③ 靴はそろえるお約束

何のこっちゃですよね(;’∀’)

 

① 好きな子の家の法則

おそらく好きな子のおうちを訪問するのに、
家の前まで来て一息も入れず、
ピンポン押す人いないですよね。

緊張して、深呼吸して・・・

ところがこれ、字を書くときに
これにあたること、けっこうやっちゃってるんです!!

ペンを持つなり、いきなり書き出す。

ちなみにわが家の王子もこの傾向(-_-;)


とにかく落ち着けーーーー!!

なんでそんなに焦るの!

 

つまりですね。

ペンを持ったらまず一息、
一度紙(書くもの)全体を見よう。

紙の大きさは?
書き始めるところ、書き終えるところ、中心はどこ?
こんなことをちょっと考えてみます。

これが習慣づくと、
次第に余白も行間も取れるようになります。

 

② とび箱の法則

とび箱ってどう跳びますか?

走って踏み込んで、ジャンプ!

跳ぶためには、ちゃんと踏み込まないと跳べないですよね。

つまり文字も同じ。
はねたり、はらったりするには、
そのひとつ前の動作がすごく重要

はねたり、はらったりするためには
一度きちんと止まろう。
(※文字によっては違う場合もありますが)

止まるためには、反対に
次の動き(はねる、はらう)まで
意識してみてください。

 

③ 靴はそろえるお約束

靴はそろえて家に上がる。

ドア開けて帰ってきたと安心するな。

つまり、これと一緒で最後まで気を抜かずに。

そこはとめるの?はらうの?
最後まで気を抜かずに書こう。

そして、書き終えたら書いたもの必ず見ること。
これを続けていると、
だんだんと自分の文字を添削できるようになります。

 

こんなことで、ほんとに
字が上手になるの?っと感じましたか。

最初にお伝えした、字を書くのが苦手な方の共通点。
それは「書くスピードが速い!」ということ。
3つのポイントをおさえると、
に少し慎重に書くようになるはずです。

とはいえ、めんどくさがりなズボラとしては
「毎回そんなにゆっくりに書いてられないよ
っと思いますよね。

だいじょうぶ。
メモやノートは自分が読めればいいだけのことですから。
私のノートもひどいものです。

 

かしこまった場面では気をつけて書く。

それを意識するだけで
一筆書くのが楽しくなりますよ。

また、お子さんが文字を習い始めた時期の方は
宿題を見てあげるときなどに
これらを少し気をつけてあげると、あとはほっといても
漢字までキレイに書くようになります(´▽`*)

毎回宿題をみてあげるのもなかなか大変ですからね。
ズボラでいるためにも最初が肝心です(笑)

(長女で検証済み!)

ぜひ試してみてください。

 

ズボ連は
ズボラ主婦による ズボラ主婦応援団体です。

どうぞよろしくお願いいたします~

 

メンバーになるには
毎月プレゼントが当たる(かもしれない!)
お得なメルマガに登録するだけ!

この記事のライター

———————————————————

赤坂直恵

デザイン書道家/グラフィックデザイナー
千葉市在住、2児の母。

筆文字ロゴ、名刺、ちらし制作など
中小企業の広報のお手伝い他、
ペン字の個別指導をしています。

【ホームページ】
http://naoe-ds.com/

【ブログ】
https://ameblo.jp/naoe-designstudio/
→日常のできごと、文字をきれいに書くコツなどを公開

【インスタグラム】
https://www.instagram.com/naoe_ds/
→「書いてみた!」筆文字作品を投稿中