はじめまして。
ズボ連ライター花の2期生、ズボラ主婦歴19年の池田真須美です。

脳の取扱説明書といわれる実践心理学NLP資格認定コースと、自己肯定感をあげるカードの講座を開講する会社を運営しています。

そして、子どもが高校三年生を筆頭に3人、スクスク育っております。

子どもがいて、会社もやっていて…

どうやって時間を作っているの?
と、よく聞かれるのですが…

「ズボラ子育て」を知っていれば

母も自分の好きな仕事が存分できる!

 

と常々、思っています。
ズボラ流子育て=人材育成のコツがいっぱい。

というわけで今回は、心理学的にも裏付けされた
わたし流の「ズボラ子育て」
3つのコツをお伝えしますね~

①可愛い子には家事をさせろ

「ズボラ子育て」では、料理、洗濯、掃除などは

必ずしも母の仕事ではありません!

家事をシェアーという名の役割分担で

子供にも家事をどんどんやってもらうからです。

 

子供は単純で素直でとっても優しい生き物。

褒められると、イキイキと家事に取り組んでくれます。

ここで大事なのは

「晩御飯作ってくれる?お願い!」

ではなく、

「○○ちゃんが作ってくれたお料理、絶対!美味しい予感がする。食べてみたいなぁ。」

という言い方をすること。

すると、子供はいそいそとクックパッドを見ながらご飯を作ってくれます。

私はこの方法で、娘に晩御飯を作ってもらうことしばしば、

自分のスーツのボタンも

「○○ちゃんの方がお裁縫は得意だから。」

と言って、娘に縫い付けてもらっています。

ふふ。

ずいぶんラクさせてもらってます。

でも、ただの手抜きじゃないんですよ~(そうか?)

だって子供に家事を任せられるのは「信頼」しているから、ですよね?

子供は親から「心配」されるより「信頼」されることで、

自立心を養っていきます。

可愛い子には家事をさせろ。

私がズボラ母だったお陰で

我が家の子供達は料理、洗濯、お裁縫、掃除、全てできるようになりました。

将来、安心ですね~

 

②ズボラ母は、勉強を黙って見る

「子供が宿題をしない」

「勉強をしないから心配」

そんなお悩みをよく聞きます。

そうなるとつい気がかりで、

そっちに気を取られてしまいますよね。

 

でも、子供の頃を思い出してみてください。

勉強するのが好きでしたか?

親から「勉強しなさい!」と言われた途端に、

やる気が萎えた記憶はありませんか?

そう、大人も子供も命令されるのが苦手。

命令されると反発したくなるのが世の常でございます。

そもそも、自分が好きでなかったことを子供に

「やれ!」

って言っても、ねぇ。

 

こんな面白い実話があります。

86歳にして現役の登山家・三浦雄一郎さんには、二男一女のお子様がいらっしゃいますが、3人が子供の頃は、

「学校なんて行かなくて良いから。」

と、長期間に渡り山や海外に子供達を連れて行かれていたそうです。

しかし、ある日、

「お父さん、お願いだから学校に行かせてください。」

と、頼みましたと息子の三浦豪太さん(医師であり登山家)が話しているのを、テレビで見たことがあります。

学校に行かせてもらえないから、行きたくなる。

勉強させてもらえないから、勉強したくなる。

心理学的に言うところの「ロミオとジュリエット効果」

人は禁止されると無性にそのことをやり遂げたくなる生き物です。

 

でもね、子供は生まれながらにして

「よくなりたい」

という向上心を持っているんです。

 

成績が下がった、

テストの点数が悪かった

子供を責めても点数が上がるわけではないですよね。

 

だったら、どうしたらいいのでしょう?

ズボラ母的な正解は、

「良い時だけ褒めてあげる」

たったこれだけで、いいんです。

人が行動を起こす理由は2つしかないと言われています。

・快楽を求める

・苦痛を避ける

すべてはこの2つのためなんだそうです。

だとしたら、親から褒められることは

子供にとって快楽を得ること以外の何ものでもありませんから

子供が頑張った時に、思う存分に褒めてあげる。

そして、それ以外の時には、口うるさくせず

黙って見守っていましょう。

それだけで子どもは、すくすくと伸びていくから不思議ですよね。

 

③ズボラなら、世話はせずとも愛情を向ける

子供が親から欲しいものは「愛情」と「親密さ」。

これが足りないと外にこの2つを求めるようになると

心理学では言われているんです。

例えば、周りにいる早熟な子を思い浮かべてみてください。

親が子供に無関心だったりしませんか?

 

マザーテレサは、

「愛の反対は憎しみではなく無関心です。」

という名言を残されています。

 

一生懸命、家事をしてお世話して…

そんなことを目指さなくたってだいじょうぶ。

あなたの母はズボラだけど

愛情はしっかりあなたに向いているよ、と

そこをアピールすることが大事なんです。

ズボラでいたい人ほど

いやっちゅうくらいの関心と愛情を、

毎日表現しまくりましょうね~

 

 

「ズボラ子育て」3つのコツは、
どれも手間や時間はかかりません。

ちょっと意識するだけで

世間一般でいう良いお母さんにならなくても、
子供は立派に育っていきます。

子供たちを「信頼」して(←自分がラクしたいだけだけど)

「ズボラ流子育て」

よかったら取り入れてみてくださいね!

 

 

ズボ連は
ズボラ主婦による ズボラ主婦応援団体です。

どうぞよろしくお願いいたします!

メンバーになるには
毎月プレゼントが当たる(かもしれない!)
お得なメルマガに登録するだけ!

登録しないという選択はないやろう( ◠‿◠ )です。

 

================

この記事のライター

================

池田真須美

株式会社女前塾 代表取締役 池田真須美

米国認定NLPトレーナー

シナプソロジーインストラクター

産業心理カウンセラー

脳の取扱説明書といわれている実践心理学NLP資格認定コース開講

(レディーガガやスティーブジョブズも学んだのよ)

8種類のカードで自己肯定感をあげるグレートコミュニケーターカード妖精講座を開講

(オリジナルなのよ。ふふ。)

 

女前塾FB: https://www.facebook.com/onnamaejuku/?ref=bookmarks

 

ツイッター:https://twitter.com/HOeFBSRcA3fWZu4

 

インスタグラム:https://www.instagram.com/info5122/?hl=ja

 

ホームページ:http://onnamae1.com

ブログ:https://onnamae2.com