こんにちは

ズボラだけど

モンテッソーリ的家庭育児はとくいな

菅原陵子(りょうこ先生)です。

 

 

前回の投稿を見た友人が、こんなメッセージをくれました。

 

*  *  *  *

そうだよね。

りょうこって料理上手でマメに見えるけど

茹でただけ

焼いただけ

蒸しただけってのを

うまく和えた料理出してたよね。って思い出した。

 

*  *  *  *

という。

大学時代のイエ飲みの思い出を寄せてくれました。

 

 

 

うっ。

そうだけれどもさ。。。

 

 

だけだけ言われたことに

ちょっぴりひっかかったので

ズボラ道的に聞いてみました。

おいしかった?

 

おいしかったそうです。

(そしてだけだけが嫌味なわけでもありませんでした)

 

で。聞いてみて思ったのですが

ちゃんとした料理を作る人

と言われるより

 

おいしいごはんを作る人

と言われる方がうれしい。

自分の好きがまた一つふえました。

 

 

さて

今日は【激オチ君と水筒】のお話。

ズボ連の他のライターさんでも

何度か登場している激オチ君。

通称「メラミンスポンジ」です。

 

 

夏になると、うげー。と思うのが

麦茶や子どもの水筒の茶渋。

みなさんはどうしてますか?

 

そんなの、○イターでつけおきよ。

シュシュっとひと吹き泡○イターよ。

ですか?

 

まぁ、それもいいんですが

私の秘密兵器は

激オチ君。

あ、いえいえ

激オチ君を代表とするメラミンスポンジ。

 

といっても、ただ普通に、大きいまま

こするのとはちょっと違います。

ちょっと使い方を工夫するだけで

その効果たるやこんな感じ。

 

見てください。

激オチ ビフォー・アフター!

 

ビフォー

アフター

 

なんということでしょう。

メラミンスポンジを「とある方法」で

使うと

手が届かないところについていた

茶渋リングもすっかり取れ、

取りにくい底のすみっこもぴかぴかに

 

しかも!

この方法なら、子どもたちが

喜んでやってくれるので、

自分の手間はかからないのです。

 

 

茶渋とり、めんどくさい〜となる前に

ぜひ、試してみてください。

 

 

まずは材料から。

使うのはメラミンスポンジ。

100円ショップで売っているメラミンスポンジでOK

3㎝角ぐらいの、小さめカットのスポンジを

水筒やコップなどにポイっと1個いれ

水を2〜3センチぐらい入れてからふたをします。

 

今日は撮影用に、中が見えるピッチャーを使いました。

蓋がないときには、ラップと輪ゴムで代用できます!

 

 

で、だいたい10〜15秒ぐらいかな?

子どもに渡して、バーテンダーごっこだよ~

とでも言いながら、上下左右にがしがし振ってもらう。

こんな感じ。

 

これで、ピッカピカに!!!

 

実はこれ、

4〜5年前に見つけた、

枝豆型をした

水筒やペットボトル専用のスポンジを

ヒントに、応用した方法なんです。

そう、専用グッズを買わなくても、いつもストックしている

メラミンスポンジで、問題なくできちゃった、というわけです。

 

専用のスポンジを使わず

メラミンスポンジで応用したほうが

こんなにメリットがあります!

 

 

1:後ろめたさな〜し!

枝豆型の専用スポンジは、使い捨てするには

もったいない!と思ってしまう。

取っておいて、薄汚れていくのもイヤ。

だけど

メラミンスポンジなら後ろめたさナーシ!

 

2:手間なしでいつでもフレッシュ

長い持ち手のついた

水筒用スポンジも売られていますが

使い終わったら乾かさなくちゃならないし

乾いて硬くなったスポンジをまた使うのは

なんか、なんか、イヤ。

家事の哀愁が漂いやすくなります。

 

だけど

メラミンスポンジなら使い捨てOK!

終わったら水気を絞って、捨てる前に

気になっていたコンロ周りでも

キュキュッと磨いてから、すぐにポイ!

後始末ラクだし

いつもフレッシュ♥

 

 

しかも。

3:子どもにできる、楽しいお手伝いに変身

 

メラミンスポンジは、メリメリっと

ちぎって使っています。

今日の写真は大きいままですが、いつもは

もっと小さくちぎって入れます。

こんなふうに。

 

ゴツゴツぼこぼこの凹凸が

汚れをキレイにとってくれるんです。

 

そのちぎる作業から、バーテンごっこのところまで

子どもだけでもできちゃう!

みるみる汚れも落ちてくる!

という、達成感が

手軽に味わえるのもおススメ。

 

 

ちょっとしたコツがあるとしたら

汚れの部分に激オチ君があたるように

ドレッシングのボトルのような

タテふりではなく

ヨコにしたほうが落ちやすいです。

なので

子どもに「タテに振って〜。ヨコに振って〜」と音頭をとっていると

子どもたちもだんだんハイになっていく。

簡単、楽しく、達成感のある

イベント要素たっぷりのお手伝い家事です。

ぜひ、茶渋をたっぷりため込んで(笑)

やってみてくださいな。

 

 

* * * * * * * * *

 

そして・・・・おまけ記事。
覚えてますか? 前々回のわたしが担当した記事
マッシャーVSビニール袋対決の報告

(記事はこちら 読んだら戻ってきてくださいね)

 

前回のマッシャーより、ビニール袋が便利よ。

というあな吉さんの衝撃の発言をうけ、

じゃがいもとバナナをビニール袋でつぶしてみました。

 

なにこれ! か、カンタン!!!

なんと、ビニール袋の勝ちでした。

子どもたちも

あ、こっちの方が楽しい〜。

むにむに〜。

とやっていました。

 

わたしの愛用のマッシャーは

恋人の知られざる過去を知って

一瞬冷静になったような立ち位置に。。。

(え?わかりにくい?? 残念ってことです。ええ)

 

それでも好き!ですよ。

モノとして、マッシャーが好き!

スキは大事な活力源。

 

 

これからは、

急いでいるときや子どもたちと楽しむときには

ビニール袋。

 

わたしひとりで、ごきげんに料理するなら

マッシャーを愛用したいと思います。

 

 

好き、はズボラの活力源!

ズボラ主婦によるズボラ主婦を応援する団体【ズボ連】に

みなさんの好きを教えてくださいね。

メルマガをご登録いただくと、

思いついたら、すぐアクセス可能

一緒に自分の好きに気づいていく。そんな楽しみ方もできます。

 

ご登録はこちらから

https://anakichi.com/p/r/VpL37eQC

 

 

 

この記事のライター * * * * *


菅原陵子(りょうこ先生)

●親子・夫婦・子どもを整えるカウンセラー
●365日お母さんができる
モンテッソーリ的育児講座を開催

\ご登録をお願いします❤/
【無料メルマガ】
https://home-monte.com/merumaga-t/zu


\ズバズバ刺さると大好評/ (Insutagram)
https://www.instagram.com/ryoko_montessori/

ブログ&HP
https://home-monte.com/